Q.01:漬けっぱなしで何年も経った梅酒、飲めますか?

A.01:35度のホワイトリカーで漬けていると思いますから、基本的には腐敗してはいないでしょう。したがって、飲めないことは無いと思いますが、味は落ちているでしょう。濁りがある場合は素材が溶けていると思います。酸化も進んで雑味も多くなるので、とにかく早く漉して細口ビンに移しましょう。色が濃くなると、熟成が進んで美味しくなっていると勘違いしている人がいますが、単に酸化褐変反応が起きているだけです。風味は劣化していきます。濁ってくるのは、素材が分解して溶けて来るからで、ここまで放っておくのは最悪です。今後は漬けっぱなしにしないで、早めに漉して保存しましょう。果実酒薬酒作りでの失敗のほとんどが、漬けっぱなしで忘れてしまうことです。どんどん漉して飲みましょう。

Q.02:ダイエットしているので、砂糖は入れたくありません。

A.02:乾燥素材を使う場合は砂糖を入れる必要はありません。味的に甘味が欲しい場合は、カロリーオフの甘味料を使う手もあります。生素材で硬い果実や根茎などは、浸透圧を上げるために砂糖を入れたほうが抽出が早くなります。しかし、果実酒のようにたくさん入れないで、150g/1800ml原酒くらいを上限にしましょう。生素材でも、葉や花は入れなくても抽出できます。ただし、薬酒のカロリーを気にすることの方が問題です。仮に1回に50ml飲むとして、10%程度の糖分なら5gの砂糖です。ほかの食品のカロリーに比べれば微々たるものです。あまり気にせず、美味しく飲みましょう。無糖で漬けて、飲むときに蜂蜜などを加えるのもよいでしょう。

Q.03:果実酒には、なぜ氷砂糖を使うのですか?

A.03:「氷砂糖は純度が高く、溶けるスピードがゆっくりで徐々に抽出できるから。」という説明が一般的ですが、これは真っ赤なウソです。今の砂糖の純度は99%以上で、目的があって意図的に低くしている場合(黒砂糖など)以外は、極めて純度が高いものです。ですから氷砂糖の純度が特別高いわけではありません。次に、溶けるスピードですが、氷砂糖・グラニュー糖・上白糖の3種類で静置での溶解速度テストをしてみましたが、ほとんど差が出ませんでした。じゃあ、なぜ氷砂糖を使うのか?私の推測では、@梅酒が解禁された昭和37年頃は、砂糖の品質にばらつきがあり、氷砂糖で統一するのが都合よかった。その慣習が代々伝承し残っている。A氷砂糖は他の糖類に比べて価格が高く、儲かるのでメーカーが推奨した。B手づかみで扱えるので、量りやすく、こぼして散らかしたりせずに済むから。私もよく氷砂糖を使いますが、経験から言うとBではないでしょうか。氷砂糖の裏には果実酒の分量が書いてあり、梅1kg:ホワイトリカー1800ml:氷砂糖1kg、なんて書いてあります。これを信じて作って、「甘すぎて飲めない」「失敗した」という人がけっこういます。砂糖メーカーは砂糖を売りたいから多めにします。昔は農家が作って、夏の暑気払いに女性が水で7〜8倍に薄めて飲んだりしましたから1kgでもよかったのです(師もジュース代わりによく飲みました)。今は、ロックやストレート・炭酸割りなどが主流で、私の経験では梅酒で300gくらいが適量と感じています。

Q.04:薬酒は他のお酒といっしょに飲んでもよいのでしょうか?

A.04:基本的には問題ありません。ただし、薬酒同士をブレンドしたりちゃんぽんで飲む場合、薬効が逆の薬酒同士は避けてください。一般的な薬酒の効能の場合は特に問題ありません。一番の問題は、薬酒の量が増えることと、お酒全体の量が過ぎてしまうことです。飲みすぎに注意しましょ。過ぎたるは・・・。

Q.05:肝臓にいい酒はあるの?

A.05:肝臓病患者にいい酒はありません。アルコール自体が病気の肝臓に負担をかけるからです。ただ居酒屋時代に、お客様から「肝臓にいい酒はあるの?」と冗談交じりに質問され、酒好きの私の見解はお話しました。酒飲みが、肝臓に悪いからという理由でお酒を止められますか?止められる人は問題ない。でも、私を含めてほとんどの人が止められない。止めるくらいなら死んだ方がいい、なんて人もいますよね。だから私は言うんですよ。「止めてストレスを溜め込むのも体に悪いでしょ。だったら10飲む量を7〜8にして、2を肝臓にいいといわれる生薬の薬酒に変えてみたらどうですか?」と。完全に病気になってからでは手遅れですが、検査数値がやや悪い程度なら効果も期待できる可能性があります。肝臓も含め、老化をゆっくりにすることが薬酒の主要な目的でもあります。以下に、肝経に有効な植物をいくつか紹介しておきます。左右に上から、三七人参(田七人参)、枸杞(クコ)、ウコン(鬱金)、ガジュツ(莪朮)、菊花(キッカ)、メグスリノキ(目薬木)です。他にも、タンポポやカキドオシ、クマツヅラ、クマザサなどもいいようです。参考までに。

薬酒くさぐさ

友達紹介

梅酒での砂糖溶解テスト

マタタビ酒:10年ホッタラカシ


★こうならないように。反省!

オサム師考案の田七肝経酒


■原酒2.7L用で¥3,000